伝統の革新を実現するM&Aサービス~Renovation & Regroth

ライブリッツ・アンド・カンパニーと匠投資顧問は事業再生ファンドの活用やハンズオン支援など対象事業者に適切な再生手法を選択し、相互に協力して対象事業者が大切に育んできた伝統を次の担い手に繋げる形に革新し、地域経済の活性化と雇用の維持・創出に貢献していきます。

ファンド設立スキームイメージ

なぜコンサル会社が事業再生ファンドを具備しようと考えたのか?

経営コンサルティングファームの当社ライブリッツ・アンド・カンパニーと投資顧問会社である匠投資顧問株式会社(以下「匠投資顧問」)が協業し、事業再生型ファンドを設立しました。
中小企業診断士を中心としたコンサルティング会社が事業再生ファンドを具備することは稀なことです。

当社は金融機関と連携して、多くの中小企業の経営改善を支援して参りました(関東経済産業局内で認定支援機関として有数の経営改善計画認定支援の経験と実績がございます)。

経営改善にかける「時間的猶予」と「資金的猶予」を創出するリスケ・条件変更は一時的には確かに有用です。
金融機関にリスケ・条件変更にご協力頂いている間に、多くの企業が業績改善を果たしていますし、クライアント企業の社長や従業員の方々の努力を思うと、私たちもとても嬉しく思います。

一方で、こうも思うのです。
「いつまでもリスケに頼っていてはいけない」と。

「リスケ」は言葉を選ばずに申し上げると、「痛み止め」の薬であって、「根治」の薬ではありません。

事業の継続を望むのであれば、やはり「根治」が望ましい、私たちはそう考えます。

そうであるならば、認定支援機関として数多くの中小企業の経営改善を完遂してきたライブリッツ・アンド・カンパニーのコンサルティングと匠投資顧問に蓄積されている事業投資ノウハウを組み合わせ、必要資金の提供やハンズオン支援を行うことで再生&再成長(Renovation & Regroth)の確度も高まるのでは、とそう考えたからです。

事業再生ファンドの目的・ねらい

足元の業況は回復基調にあるものの、過去の設備投資失敗や一過性の損失により財務基盤が毀損している事業者に対して、財務コンサルティングや追加投資を通じた必要資金の提供・人的支援を行うことで、対象事業者の経営再建を円滑に実現することを目的としています。資金面と戦略面、組織面、オペレーション面、4方向からアプローチし、現場を巻き込んだ全社改革を行うことで企業価値向上を図ります。
そして、ファンド出資者の皆さまに収益機会の提供を行います。

「Renovation & Regroth」スキームのメリット

大きなメリットは2つあります。1つ目はコンサルタント(当社ライブリッツ・アンド・カンパニー)がアドバイスだけではなく、前に出て、ハンズオン支援を行うことです。
これは連携して対象事業者の再生&再成長を支援する金融機関にとっても、ファンドの出資者にとっても安心感があるのではないか、と考えます。
単なる「仲介」ではありません。ブラッシュアップすることがバリューアップ(事業価値向上)に繋がるのです。

2つ目はファンドとコンサルが実質一体となった運用になっていることです。
「ファンドの営業者(投資をお願いし、お金を集める)=コンサルの代表(企業価値・事業価値を高める)」であるため、投資家に対する責任が明確なスキームになっております。
ファンド自体の運用はプロである匠投資顧問に委託しております。

匠投資顧問 代表取締役 矢野英明社長の本スキームに寄せる期待

事業投資型ファンドのファンドマネージャーとして、又、運用会社の代表として数多くのコンサルタントとお会いしてきました。
その中でも、中小企業診断士の小野社長率いるライブリッツ・アンド・カンパニーは、非常に興味深い組織体でこの度、共に歩むことを決断致しました。

まず、フットワークが軽い。専門家集団なのに常に現場主義を貫き通していらっしゃいます。
モニタリングを重要視する金融機関から高い評価を得ている理由が、ここにあると思います。

次に常に発想豊か!
今回のスキームも、小野社長から持ち込んで頂きお互いに検証を重ねました。
地域の老舗企業が持つ「伝統」が一過性の過失による財務棄損や後継者不在マネジメント不足により、失われていることを危惧していた当社にとってライブリッツ・アンド・カンパニーは同志!
ファンドサイドとコンサルサイドが一体となり、対象事業者に踏み込んでハンズオンで支援できると考えています。

最後にコンサルタント集団としての実績は評価に値します。
経営改善の実績は、目に留まるモノがあります。
財務面の定量評価や事業性評価は勿論のこと、業務面や組織面の根深い問題について メスを入れられる点は高く評価しています。


・1993年~東証一部上場証券会社勤務
・2000年~モルガンスタンレー証券に移籍
・2003年~レイコフ投資顧問(株)移籍 同年取締役就任
・2007年 代表取締役就任

以降、運用会社の代表取締役を2社務め、2013年~現職
医療・介護系、外食・ホテル事業、建設事業、水産事業等事業投資型ファンドスキームの構築等の実績多数。

矢野英明社長

あなたの会社を次の担い手に

当社ライブリッツ・アンド・カンパニーはあなたが人生をかけて育んできた会社を磨き上げて、魅力を高め、次の担い手に繋げられるようお手伝いをさせて頂きます。
当社のコンサルタント・M&Aアドバイザーが、専門家としてM&A実現に向けたアドバイスとファンド活用を視野に入れたスキーム検討を行います。
あなたのご要望を踏まえつつ、会社や経営環境を総合的かつ客観的に分析したうえで、最適なマッチングを模索・提案し、契約成立まで確実に支援いたします。

当社にM&Aやファンドを活用した事業再生をご依頼頂くメリットは、a)高度なコンサルティングを受けることで自社の魅力を高めて、次の担い手に繋げられる形に整え、b)幅広いネットワークで適切な相手先を見つける可能性が高まることです。
どちらが欠けても、M&A・事業再生は上手くいかないというのが当社の考えです。

まずはご相談から

ファンドの活用やM&Aは「あなたが人生をかけて育んできた会社の次の担い手選び」です。大きな意思決定ですから、時間もかかりますし、むしろ相応に時間をかけるべきです(長期間に渡って、というわけではありません)。

当社のコンサルタントまたはM&Aアドバイザーが、しっかり話を伺い、納得しながら検討していただけるようにサポートいたします。

以下のようなお悩みに思い当たる方、ぜひお気軽にご相談ください。

・高齢だが、後継者がみつからない。
・健康に自信がなく、そろそろ引退したい。
・従業員の中に社長を引き継げる人材がいない。
・業績が伸びず、子供にも会社を継ぐ意思がない。
・成長の見込めない事業を売却して、中核事業に集中したい。
・現在の会社規模だと赤字から抜け出せない。
・今後、業界全体が一層厳しくなると予想される。

 

登録フォームへ お問合せ
サービス一覧へ