よくあるご質問よくある質問

以下をお読み頂くことで、当社のコンサルティングに対する不明点・不安が解消されれば幸いです。
気になることがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ライブリッツ・アンド・カンパニーが支援する企業とは?

  1. 従業員100名以下
  2. 現在リスケ中など業績が芳しくない中小企業
  3. 事業成長を何が何でも実現したい中小・ベンチャー企業
  4. 社長が成果の上がらなかった過去のプロセスを見直し、やり方を改めようという意思を固めている(←ここ重要です)

実際に誰が対応してくれるのですか?

  1. まず初回は必ず代表取締役である小野が対応します。
  2. コンサルティング契約前に支援体制を提示させて頂きます。ご納得いくまで話し合いましょう。

代表プロフィールを見る >

首都圏以外の地域でも対応できますか?

はい、日本全国対応可能です。
「経営革新」「事業再生」という性質上、地元の先生やコンサルティング会社に相談しにくい、とよくお聞きします。
(当社のような)利害関係のない第三者が入ることで、社内に社長の「本気」を示せる副次的な効果も期待できます。

無料相談をしたら、その場で契約を迫られたり、あとで営業されたりしませんか?

絶対にありません。
相談者からの信頼を損なう行為は絶対にやらない、というのが当社の鉄則です。

経営理念にも掲げている通り、当社はクライアントとの協働を重視します。お互いの成長と革新を念頭におき、長期共生関係を構築していくのが、基本スタンスです。

社長の意思、現場社員の心・想いを大切にし、経営課題解決に向けて、一体になって汗をかく。
そして、目に見える成果を分かち合う。それが経営コンサルティングサービスを提供する当社が、当社自身に課した使命です。
その代わり、成果の上がらなかった過去のプロセスを見直し、やり方を改めようという社長の本気度をみさせて頂きます。

ライブリッツ・アンド・カンパニーが対応することによるメリットは何ですか?

  1. 社長が夢や目標をあきらめなくても済む可能性があります。
  2. 事業を「見える化」するので、金融機関に対する事業計画の説明および進捗説明がより納得度の高いものとなります。
  3. 事業再生(経営革新)の過程で普段は実施できていない経営者・幹部・後継者教育を、自社を題材に行うことができます。

つまり、成果の上がらなかった過去のプロセスを見直し、やり方を改めようという意思を固めた社長に、夢や目標に再チャレンジできる可能性を、従業員教育を通じた経営コンサルティングで提供します。

いつお願いしたらよいのですか?

これまで金融機関も寛大な対応をせざるを得ない状況でしたが、それが間違いなく変わります。
ある都銀の支店長さんはこう仰っています。
「リスケした融資先、全部を支援するつもりない」
「金融機関はリスケして猶予された1年間、どう努力して改善してきたかをみている」

現状を打破し、経営革新・再生を成し遂げたいと心に決めたら、まずはお問い合わせ下さい。

当社は「成果の上がらなかった過去のプロセスを見直し、やり方を改めようという意思を固めている」社長・企業を真摯にご支援させて頂きます。

コンサルティング料金は高いのではないですか?

  1. 経費の見直しで当面のコンサル費用は捻出できると考えています(それ以上の価値を提供します)。
  2. サービス一覧を参考にして頂きたいですが、社外に新人の給料分程度で金融機関に同行してくれる経営企画幹部を持つことができるとお考え頂けると幸いですが、当社の財務状況を考慮して、「柔軟に個別対応させて頂いている」というのが現実です。

とは言え、コンサルティングサービスは「ヒトが動きます」ので無料はありえません。その点はご理解願います。